書類や審査不要で即日50万借りる方法

MENU

書類や審査不要で即日50万借りる方法

書類や審査不要で即日50万借りる方法

どうしても50万円が必要になったら?

どうしても急に50万円などまとまったお金が必要になった場合、しかもそれが当日中に準備しなければならないとなると絶望的な気分になってしまいますが、実は即日50万円を借りる方法があるのです。それは、消費者金融や銀行などから融資を受けることです。条件にもよりますが、銀行でもともと口座を持っていて長期間使用していた人などは、厳しい審査や書類提出も不要で50万円をすぐに融資してもらえるケースもあります。もちろんクリアすべき条件や個人の状況などハードルはいくつもありますが、50万円を借りることができる業者の中には申し込みから振り込みまでの時間が短かったり、夜中でも対応してくれるなど様々な魅力を備えているところが数多くあります。実際に50万円を借りるには、各金融業者ごとに様々な前提条件が定められています。

例えば、配偶者に安定した収入があることや、その配偶者から書面で同意が得られること、年収が500万円以上あることやインターネットバンキングへの利用登録をすること、収入証明書の提出が必要なことなどその内容は実に多岐にわたります。50万円となると比較的高額な融資のうちに入るので、申し込んだその日のうちにお金を借りるのであれば収入証明書などの書類提出が必須となっている業者が多くなります。しかし、中には書類提出や厳しい審査をせずに融資をしてくれるところもあるので諦めずに探すことが大切です。ひと昔前までは、このように書類提出や審査をせずにお金を借りることができると言えば闇金のような違法な営業を行う消費者金融であることがほとんどでした。

このような業者の場合、確かに簡単にお金を借りることはできるのですが、法外な金利を上乗せした額を返済するよう迫られ、拒否すれば脅しともとれるやり方で取り立てが行われるため非常に危険でした。ところが近年では、こういった悪質な業者を排除するための法整備も進められたことやシステムの発達などによって、健全な業者でもスピーディーで手軽な方法で借り入れを行えるようになってきました。安全で堅実なイメージの高い銀行も、こういった即日融資に対応しているところがいくつもあるので、安心してお金を借りたい人は銀行系の業者から選ぶのも良いでしょう。このように、50万円が急に必要になっても対応する方法はあるので、どうせダメだろうと諦める前にまず探してみることが大切です。

 

すぐに50万円を借りるために注意すること

できるだけ早く50万円を受け取るためには、いくつか注意しておきたいことがあります。まず、業者によっては書類の提出が必要になるケースも多いので、あらかじめ必要なものを準備しておくということです。一般的には、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類や年収を証明するための源泉徴収票や給与明細などがだいたいの業者で必要になります。借り入れの金額が少ない場合は収入証明書は省略できるケースも多く、大手の消費者金融や銀行系の業者であれば50万円以下であれば書類提出不要としていることが多いです。

中堅や小規模な金融業者の場合は、返済の確実性を高めるために収入証明書の提出を必要としているところが多いので注意が必要です。50万円を借りるためにカード発行が必須となっている業者は、まずカードを作るために書類提出を求められることもあります。カードだけ作れば良いのだろうと思って何の準備もせずに店舗に行ってしまうと、書類を取りに自宅へ戻らなければならないといった事態もあり得るので事前に確認しておくようにしましょう。また、申し込んだ日に現金を受け取りたい場合は、申し込む時間帯などにも注意が必要です。借り入れを行うには、当然ですがまず金融業者が営業している時間内に申し込みをする必要があります。

営業時間内の何時までに申し込みや手続きを済ませれば即日の振り込みに間に合うか、ということが各業者ごとに決められているのです。決められたタイミングまでに所定の手続きを終えられなかった場合、振込が翌日以降になってしまうこともあるので注意が必要です。その日のうちにお金が必要な場合は、必ず申し込む前にこのタイミングについて確認しておきましょう。書類提出や審査が不要となっている業者であれば、申し込みから数時間で振り込みができるケースもありますが、それ以外だとどの手続きや審査にどれほどの時間がかかるのかはっきりしません。

このため、決められた時間内に申し込んだとしてもその日のうちに受け取れないということも十分考えられるので、できる限り朝一番など早い時間に申し込んでおくことがポイントです。また、申し込みが混み合う平日のお昼頃や18時以降は、混み具合によっては手続きがスムーズに進まず振り込みが翌日にずれ込んでしまうこともあるので、最初から混み合う時間帯には申し込みをしないようにすると良いでしょう。
このように、できるだけ早くお金を借りるためには様々な注意点があるので、事前に把握しておくようにしましょう。